美しいガーデンパークのある”リッチモンド”

ロンドンから電車で西に30〜40分行くと、リッチモンドという街があります。ロンドン内でも有数の瀟洒な住宅街のようです。

ここリッチモンドに”petersham nurseries”という素敵なガーデンセンターがあり、ガーデンセンター内の温室にある、ミシュラン1つ星のレストランに行って来ました。

 11時に着いたけれど、ランチの食べられるcafe(と名付けられているけれどコース料理が食べられるレストラン的なもの) が開くのが12時。それまでの1時間、ガーデン内の色とりどりの鉢植えの花を眺めたり、ティールーム(という名のカフェみたいなもの)で紅茶とヘーゼルナッツケーキを食べたりして待ちました。
12時に、チチニシキの友人のリッチモンド在住の方と落ち合い、cafeでランチ。本当はcafeは予約必須の人気店らしいのですが、この日はラッキーだったのか予約なしで入れました。

ガーデンセンター自体、どこも色とりどりの花が咲き乱れて綺麗なのですが、温室内にあるcafeの中も、楽園のような美しさ。

各々スターター1品とメイン1品を注文。

まずはスターター

●野うさぎとパンチェッタのラビオリとグリーンピース&マジョラム

●クレソンのスープとポーチドエッグ

・・・苦味が殆ど無く、クレソンの味がしっかりするのにどこまでもクリーミーなスープ。


お次にメイン

●イカとムール貝と二枚貝の蒸しもの カカオ豆、サフラン、シービーツ、アレキサンダーを添えて

・・・シービーツというのは、時々欧米のレシピで見かけますが、アカザ科の野菜ということで、ほうれん草に似た感じです。

●焼いたpoussin アーティチョークとガーリックのハーブソースかけ

・・・poussinとは、エイジドチキンを軽く焼いたもののようです。柔らかくて、味がしっかりして美味しかったです。アーティチョークも茎までほっくりとしていてゆり根のように美味しかったです。

●焼いたマリンダトマト キヌアと松の実、カルソッツとアスパラを添えて

・・・こちらはベジタリアンメニュー。松の実のコクと香ばしさがアクセント

この後、どこまでものどかで美しいリッチモンドパークの公園でチビニシキは思う存分遊び、夜はそのチチニシキ友人宅でカレー談義に花を咲かせながら、美味しいカレーとローストビーフをいただきました。

チビニシキは3人兄姉のお兄さんお姉さんと遊んでもらい、その日の夜、就寝中に鼻血を出すほど(笑)楽しかったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です